ホームティーチャーのためのコラム

ホームティーチャーのコラム

ECCジュニア講師について知りたいこと。

まずECCジュニアの講師になりたい方は、圧倒的に主婦の方が多いです。 家事や育児をしながら仕事が持てる、ある意味主婦の理想の職業と言えるでしょう。

ECCジュニアの講師のとある1日

ECCジュニアは英会話教室です。学校ではないので、基本的に学校の授業のない時間にレッスンが行われます。 ホームティーチャーと呼ばれる講師が自宅を解放して教室を開いている場合が多く、初期費用が抑えられる教室開設の方法です。

ECCジュニアの勉強法

ECCジュニアの英語の勉強方法は中学生になると90分レッスンでスピーキング、ライティング、単語、熟語、会話、構文などをしっかりと学習していきます。

ECCジュニアのホームティーチャーって?

ECCとは英会話教室の名称であり、ECCジュニアとはその子ども部門のことです。クラスとしては幼児、小学生、中学生までを受け持つのですが、ホームティーチャーとは自宅または・・・

主婦に大人気のホームティーチャー

毎日の主婦の家事労働を一般の仕事としてお金に換算すると、月給20万円以上の金額になるといわれていることをご存知でしょうか。確かに、主婦は料理人でありながら買い出しから皿洗いなどもし、・・・

ECCのホームティーチャーの仕事ぶり

ECCのホームティーチャーになるためには、特別な資格などが必要ありません。ですから、各種検定試験を受けて合格している必要はなく、重要視されるのはやる気であると・・・

ECCジュニアの英語教育

ECCジュニアの英語教室は全国のいたるところに存在しています。 ですから、親御さんは思い立った時にお子さんをレッスンに通わせることが可能だといえます。

ECCジュニアで英語を学ぶと成績も上がる

近頃では小さい子供の時から、英語を勉強しているということをよく聞きます。 この世の中、英語は必要不可欠になってきました。

ECCジュニアと他の英会話教室との違い

英語はこれから生きていくためには絶対に必要なものになります。 小学生から英語が必修化され、ビジネスにおいても英語を社用後にしたり、英語を使わなければいけない機会が確実に増加しているので、必要性は認識していると思われます。

ECCジュニアのホームティーチャーになるための資格

ECCジュニアのホームティーチャーとは自宅や貸会場でこどもたちに英語を教え、教室を運営するお仕事です。 開講コースやレッスン時間などは自由に設定できるので自分のライフスタイルや希望に合わせた教室が開けます。

ECCジュニアのホームティーチャーはどれくらいの年収になるの?

ECCジュニアのホームティーチャーの年収は生徒数によって決まっています。 そもそもECCのホームティーチャーの収入は生徒の月謝の50%と決まっていますので、教えた生徒の数だけ収入が増えるといった仕組みになります。

ECCジュニアのホームティーチャーが必要な英語力とは?

最近では、小学校で英語が導入されているため、英語力が問われることも少なくありません。 ECCのホームティーチャーなのですが、子供向け英会話教室の講師を務めることができますが、特に資格などが必要はないのが特徴の一つです。

ECCジュニアのホームティーチャーのレベルはどれくらい?

子育てもある程度落ち着いた方・元々英語が好きで子供が好きでという方はECCのホームティーチャーを目指してみてはどうでしょう。 自宅や貸会場を教室に小さなお子さんから大人までを相手に英語を教えるお仕事です。テレビCMでも募集しているのを見たことがあるでしょう。

ECCジュニアのホームティーチャーの評判

英語教育は、できるだけ早期に始めるのが良いのは常識です。 しかし、どんな方法で学ばせるかによって結果は全く違ってきます。

ECCジュニアのホームティーチャーの気になる口コミ

ECCジュニアのホームティーチャーは、自宅や自宅付近の会場で教室を開いて、近所の子供たちに 英語を教えるのが仕事です。 最近は小学校から英語教育を取り入れる学校も多く、また、今後の更なる国際社会について行けるようにと、多くの親が子供をECCジュニアの教室に通わせています。

ECCジュニアのホームティーチャーに必要な研修

ECCジュニアでは、英語の指導経験が浅い方、もしくは子どもに教えることが初めてという方のために、研修制度が設けられています。研修前に、「ビデオ・オン・デマンド」というビデオ研修があり、映像を通して、基本的な授業の枠組みや進め方を学んでいきます。

ECCジュニアのホームティーチャーになるテストってどんなの?

ECCジュニアのホームティーチャーという言葉を耳にしたことはあっても、具体的にどのような仕事なのかを知っている人は少ないかもしれません。 自宅や貸会場で子供たちに英語を教える仕事、それがホームティーチャーです。

ECCジュニアのホームティーチャーの収入って?

ECCジュニアのホームティーチャーとは、自宅の1部屋や貸会場で教室を運営し、子供たちに英語を教える仕事です。 レッスン時間はホームティーチャーの希望で自由に設定できるため、自身のライフスタイルに合わせて教室を開くことが可能です。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子供たちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子供の育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子供達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ