ECCジュニアのホームティーチャーのコラム

ECCジュニアのホームティーチャーの収入って?

英会話教室を開くには

ECCジュニアのホームティーチャーとは、自宅の1部屋や貸会場で教室を運営し、子供たちに英語を教える仕事です。 レッスン時間はホームティーチャーの希望で自由に設定できるため、自身のライフスタイルに合わせて教室を開くことが可能です。

基本的には6畳ほどの広さの部屋を要し、自宅に部屋の確保が可能であれば、普段は通常通りその部屋を使用でき、わざわざ会場を借りる手間と費用がかかりません。 机や椅子、ホワイトボードやパソコンなど、部屋以外に準備するものもいくつかあります。

生徒を集める

教える対象は幼児から中学生となり、中学3年生程度の英語の知識があれば、教員免許のような資格は必要ありません。 何より重要なのは、子供が好き、人に教えることが好きという気持ちです。

自分の都合に合わせて教室を開くことができるので、小さな子供がいて外へ長く働きに出ることが難しいという人にとっては、ホームティーチャーは便利な仕事といえます。 隣近所や地域の住人との関係が希薄になりがちな現代で、子供を通じて地域社会と密な関係性を持つことも可能となります。 家族との時間をしっかり確保しつつ、地元に根付いた教室を目指すことができます。

必要な資金は?

ホームティーチャーになる際に必要な初期費用として、フランチャイズの契約金、教室開校を知らせるチラシなどの広告宣伝費、授業に必要な机や椅子などが挙げられます。 ある程度まとまったお金が必要になりますが、ECC側が負担している部分も少なくありません。 授業で使用する教材や、自信の英語の知識を増やすための研修などは無料で提供されています。

フランチャイズとして月々の収入の一部を納めなければなりませんが、決して高過ぎるという印象は受けません。 収入は教室の規模によって大きく変動しますが、生徒の人数が増えれば増えるほど納める金額は減っていくことになり、収入は増えていくという仕組みになっています。 つまり頑張った分だけ、しっかりお金として反映されるということです。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子供たちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子供の育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子供達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ