ECCジュニアのホームティーチャーのコラム

ECCのホームティーチャーの仕事ぶり

ホームティーチャーになるには

ECCのホームティーチャーになるためには、特別な資格などが必要ありません。 ですから、各種検定試験を受けて合格している必要はなく、重要視されるのはやる気であるということになります。

特に中学生以下の子どもたちを教えることになるわけですから、英語力よりも根気ややる気のほうが必要だということです。

ホームティーチャーの仕事

では、ホームティーチャーの仕事ぶりとはどういったものなのでしょうか。

ホームティーチャーは間口の広い職業だといえますが、同時に、それだけで生計を立てるには難しい仕事だといえます。 よって、副業としてはじめる人が圧倒的に多い職業だといえるでしょう。 そのためホームティーチャーで求められる仕事ぶりは、本業を別にこなしながらも、レッスンに手を抜かないという姿勢から生まれるものだといえます。

また、なんといっても子供たちに向けてレッスンを行うため、わからないといわれてもあきらめずに教え続ける忍耐が非常に要求されるものなのです。 一方で生徒を多く集めることができれば、それを副業ではなくすことも可能です。 その場合は多くの生徒を教えながらも、ひとりひとりの指導を疎かにしないという細やかな視点が必要になってきます。

加えて、大人数をかかえた教室を運営するためには、オーナーとしての経営手腕が求められることにもなるのです。

ですから、そういった場合は、レッスンを行う講師としての側面と、破綻せずに教室を運営する経営者としての仕事を両立させなければならないことになります。 また、仮に生徒数があまり集まらないとしても、塾講師などとは違い、授業と教室運営を同時に行うことになります。

仕事の本質

結局のところ規模によって負担の差はあれど、経営者としての丁寧な働きぶりも要求されることになります。 このように、ECCのホームティーチャーは、状況によってさまざまな働きぶりが要求されることになります。

ホームティーチャーは間口が広く、とっつきやすい仕事であるということができますが、逆にいえば、その中で目立って成功することには困難がつきまとうといえるでしょう。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子供たちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子供の育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子供達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ