ECCジュニア教室のホームティーチャーに突撃取材

ECCジュニアの教室は日本全国にあります。
ここではそんな教室で実際に子供たちに教えているホームティーチャーの方に取材致しました。

滝本喜美子講師への取材

ホームティーチャーの滝本喜美子さんは、2016年4月に開講したばかりの先生です。
昨年2015年の夏ごろにECCジュニアの説明会に参加して、いろいろと話を聞いて、実際に教材を見て、「これはいい!」と直感で感じて、ECCジュニアの教室をやることになったそうです。 それではちょっと突っ込んで、お話を聞いてみましょう。

ECCジュニアを知ったきっかけは?

滝本喜美子さん

実は自分の子供が通う英語の教室を探していました。

ちょうど昨年、長女(小4)の英語の教室を色々と探していたんです。
これまでも英会話教室やネイティブな外国人教師に習っていたんですが、レベルアップとか教え方とかどうも娘に合わないなぁと感じてて、そんな時たまたまECCジュニアのチラシを見て「ここはどうかな?」って思っていました。 それで色々と調べてみると、ECCジュニアのホームティーチャーの説明会をやっていることを知って、ちょっと覗いてみよう、と気楽な気持ちで説明会に行ったのがきっかけですね。

実際にECCジュニアの説明会に参加してみて

説明会

もう教材をみてピンときました!

説明会に参加して実際にECCジュニアで使う教材を見た時に、もうピンときましたね。 「私が探していたのはコレだ!」って感じです。 ECCジュニアのスタッフさんに色々と説明をしてもらって、たまたま私が住んでいる地域ではECCジュニアがなかったので、もう勢いで「じゃあ自分でやってみよう!」と思ったんです。

ECCジュニアの教室を開くまでの苦労

ECCジュニアの教室

できない理由を順番につぶしていったんです。

実際に教室を開くとなると、まず初めに子供ですね。
私には長女(小4)と長男(2歳)がいます。ただ両親ともに遠方に住んでいるので親に頼るわけにはいきません。 また子供は一緒に教室に入れるわけにはいかないですから、まず長女のほうは小学校があるので大丈夫なんですが、長男はまだ2歳なので保育園に通わすことになります。 それと同時にベビーシッターの方にもお願いしました。

次の問題がどこで教室を開くかです。
自宅はマンションなので、ここで開くわけにはいかず、近くで教室ができるテナントを探さないといけません。 でもここはECCジュニアのスタッフがとてもよくしてくれて、まだ市場では出回っていなかったテナントを探してくれました。

この教室をテナント利用する場合、ECCジュニアでは補助金制度があるので、とても助かっています。詳しくはこちら→教室運営補助金推薦制度

こうして教室の目途もたってきて、あとは並行してECCの研修を受けることになります。

ホームティーチャーの研修

ホームティーチャーの研修

これは結構大変でした。

研修の回数はそれほど多くないのですが、課題が大変です。
まぁこれから先生として子供たちに教えないといけないので当たり前ですが、特に私の場合、やる科目は全てだったので時間も取られました。 でも、やっぱりここも家族の協力があったからこそ、乗り越えられたと思います。 夕食が終わった後、私が机に向かって勉強をしている姿を家族みんなが理解してくれてとても助かりました。

生徒募集は?

生徒募集

これはECCジュニアのスタッフと一緒にやりました。

ここはもうECCスタッフ様様ですね。
とにかく生徒をまず集めないといけませんから。私の場合、説明会に行った8月から12月ごろまで研修やら教室の準備などありましたが、 生徒募集はまず「無料体験」を12月ごろにやってみました。 ここでは地域の折り込みチラシを作って、各地区へスタッフさんと一緒にポスティングしていきました。 この効果は絶大で、あっという間に生徒が集まって、その月のクリスマス会も開くことができました。

おかげさまで正式に教室を開講した4月には30名以上もの生徒さんが集まっています。 まぁこれもECCスタッフの協力があったからこそ、だと思います。

今現在の教室の活動は?

教室の活動

今は順調ですね。

現在、月・水・木・金と教室をやっています。
小学1年から3年のクラスと小学4年から6年のクラスをそれぞれ開いています。 各クラスは大体6名ほどの生徒さんがいます。 今はちょうど夏の集中プラグラムをやる予定でその準備に追われています。

週を通しての時間は、家事や子供の育児もやって、教室も運営して、一見大変そうに思えますが、実際にやってみると結構今は楽しているなぁって感じです。 まだまだ教室をやっていく時間はあると思っています。

最後にホームティーチャーをやりたい方へ

今私は実際にECCジュニアの教室を開講してみて思ったことは、「とっても楽しい!」ってことです。 やる前は色々と不安があると思いますが、ECCジュニアのスタッフさんと一緒にやれば、とても心強いし、安心できますので、まずは説明会に参加されてはいかがでしょうか?

やるやらないは自分で決めることですが、やらないと後悔しか残りません。だったらまずは一歩踏み出して「やってみよう!!」と勇気を出してみて下さいね。

最後にこれだけは注意して欲しいことがあります。 それは「健康」です。身体が資本ですから病気には十分気を付けて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子供たちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子供の育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子供達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ