ECCジュニア教室のホームティーチャーに突撃取材

ECCジュニアの教室は日本全国にあります。
ここではそんな教室で実際に子供たちに教えているホームティーチャーの方に取材致しました。

ECCジュニア千葉みなと教室 八木先生の取材

ホームティーチャーをやろうと思ったきっかけは?

八木先生

 

ホームティーチャーを始めて17年になりますが、当初はインターネットも浸透しておらず、主婦が自分の携帯を持つのもまだ少ない時代でした。 現在、私は主人とうさぎちゃん一匹と暮らしています。

ホームティーチャーになったきっかけはというと、小学生くらいの頃から幼い子供が好きだったということ。 それで進路を決める時に幼稚園の先生になれたらいいなと思い、専攻も児童に関わる学科を選びました。 当時幼稚園への就職が難しく、結婚後やっと時間外保育の担任になれたのですが、引っ越しで辞めざるを得なかったので子供に関わる仕事にもう一度就きたいと思っていたのだと思います。

また、もともと英語が大好きだったのも大きな理由です。 子供の頃、近所に英語教室ができて、そこに行ってみたのですが、先生がとてもかっこよく見えて、何より発音が素敵で、英語の音に憧れてしまって。 その先生のおかげで英語が好きになり、成績が上がり、自分に自信を与えてくれたのです。 やっぱり、初めて習う英語はその最初が肝心だと思います。

子供が好きで、英語が好き!だったらホームティーチャーになろうと思ったのは自然なことだったのでしょうね。

開講当初は苦労したりしましたか?

八木先生

 

開講前に、同じマンションで知り合ったお子さんをお持ちのお母さん方に教室を始めようと思っていると話すと、みなさん関心をもって聞いてくれましたね。 近所にこうした教室が無かったことも大きく、口コミで生徒さんが増えていきました。 開講の年、41名の生徒さんが集まってくれて、これは本当にラッキーだったと思います。

体調管理がうまくいかなった。
実は初年度、張り切り過ぎてうまく体調管理ができず、倒れてしまったんです。 当然子供たちの後ろには保護者さまがいらっしゃる。随分きついお言葉も頂きました。 授業のコマ数を調整したり、授業ができなかった分は返金したり、親御さんにはキチンと説明して納得して乗り切ったのですが、 ECCのスタッフさんから、私たちが100パーセント守りますから大丈夫。 まずは先生自身のキャパ以上は詰め込まず、理想とやる気はそのままで、目標を少しだけ下げてぼちぼちやっていきましょう。 と言ってもらえ、ほっとして、それ以降は徐々に楽しみながらやれるようになったと思います。

苦労したこと
やはり沢山のお子さんがいますので、中にはコミュニケーションをとることが苦手なお子さんもいらっしゃいます。 人前が苦手な子や落ち着きのない子、そんな子供とどう接したらいいか、いろいろと勉強しました。 特別扱いせず、講師が他の子供たちと同じ目線で見てやること、叱る時は短く、褒める時は長く。 またそんなお子さんの保護者さまとは、密に連絡を取って、日々のレッスン中の様子などを出来るだけお伝えするようにしています。

今後ホームティーチャーになりたい方へ

八木先生

 

ホームティーチャーはとても楽しい仕事です。
子供が好きだったら英語力はあとからついてくるし、同期の講師や頼れる先輩講師もたくさんいます。 そして心強いECCのスタッフもいますので、安心して始めることができます。 もちろん、収入の面もとても励みになります。自分の努力次第で多くすることも可能ですし、また私も毎年目標にしています。 ホームティーチャーの仕事は、スケジュールや時間帯など自分で調整できる部分も多く、主婦の方でも生活のバランスを考えながらできる仕事です。

千葉みなと教室
千葉みなと教室

また、こういった仕事をしていると、嬉しいプレゼントをよく頂きます。 卒業する生徒達からのメッセージは、とりわけ心に沁みます。 そしてまたやる気とパワーに繋がっていくんですね。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子供たちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子供の育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子供達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ