ECCジュニア教室のホームティーチャーに突撃取材

ECCジュニアの教室は日本全国にあります。
ここではそんな教室で実際に子供たちに教えているホームティーチャーの方に取材致しました。

岡田 睦講師への取材

ホームティーチャーをやろうと思ったきっかけは?

岡田 睦さん

英語を活かす仕事がしたかった。

英語が好きだったのもありますし、学生時代に教員免許を取得したのと母方の家系が教師だったので子供たちに英語を教えたいと思っていました。 で、やっぱり英語を教えるならECC!と思っていて説明会に参加してきました。

説明会には実は2回行っています。初めは話を聞くだけで一旦保留にしましたが、2回目はもうやる気満々で行きました。 話を聞いてみて、質問にも丁寧に答えてくれて、また教材や動画を見ても楽しそうでいいなって思いましたね。 特に収入の面が気になったので、どのくらい生徒さんが集まるものなのか色々と聞いてみて、この地域には他に教室がなかったので、ちょうど欲しい地域だったと言われて安心できました。

初めての教室開講はいかがでしたか?

ECCジュニア教室

やっぱりはじめは大変!

講師になる前に必ず研修を受けないといけません。 日程的には短いですが、自宅で行う勉強や動画を見たりトレーニングするのがまずは大変でした。 でも同期の方もいらっしゃるので、そういった人たちと集まって教えあったり励ましあったりしていましたね。

12月にクリスマスパーティーを開催して、ここで無料体験を実施しました。 1年目は18名ほど、近くに通う幼児から小学生までの生徒さんが集まってくれました。 初年度はやっぱりいろんなことが初めてで正直大変でした。 でも3年目ぐらいから生活のリズムを取れてきて、それが自分で調整できるようになって随分と楽になりました。

実際の教室運営はうまくいきましたか?

ECCジュニアの教室

教えるコツ

生徒さんは15時から19時くらいまで教えていて、今は中学生と大人の方もいらっしゃいますので、いろんな年代の方がいらっしゃると楽しいですね。

毎回のレッスンで子供たちが英語ができたっていう嬉しそうな顔を見たり、ECC主催の検定試験でできた!っていう報告が何よりうれしいです。 生徒さんを教えるうえで、いろんなお子さんがいますので、勉強したくないとかいう子のケアしたり、クラスをまとめるのは少し大変ですけど、 お子さんそれぞれにキャラクターがありますし、引っ込み思案の子にはやりたいっていうコツを少しずつ出してあげることでしょうか。 そういった教室の運営ノウハウは身に付いてきました。

ECCスタッフやご家族の対応は?

ホームティーチャーの困ったことや不安

スタッフの支援と家族の協力なしではできない

開講前からECCのスタッフには大変お世話になりました。 一番の不安であった生徒募集もチラシやポスティング作業など何かと支援して頂けました。 特に初年度は初めてのことばかりなので、いろいろと親身になってくれたのは心強かったです。 特に他の教室の情報なども教えてくれたので、こういった場合はこんなことをやっていたとか、こういった情報はありがたかったですね。

家族、特に主人は自分の好きな仕事をしている私を見て羨ましがっています。 他の仕事ではここまで楽しくできないと思います。 またイベントなどがあるときは主人に子供の面倒を見てもらっていますので、家族のサポートにも助けられています。

今後の目標は?

生徒募集

教室の成長を

今現在は中学生は副講師の方にお願いしています。 でもいずれ自分も中学生に教えていきたいと思っています。

あと、自分の子供の成長とともに教室も成長していきたいですね。 外国人のホームステイを受け入れることも考えていて、そういうことを授業に生かしていきたいと思っています。 最後に20周年の先生には、活動実績によりますがハワイでの式典に参加できるのでこれも目標としています。

これからホームティーチャーになりたい方へ

現在の原動力

まずは説明会へGO

英語が好きで、教えるのが好き、子供が好きな方は是非ホームティーチャーをひとつの選択肢として考えてみることをおすすめします。

子供たちに好きな英語を教えながら、自分自身も成長しつつ、楽しく充実した日々を過ごすことができます。 もちろん自分に子供がいても働けることはメリットが大きいです。

説明会に行くと、サポート情報や教材、研修など色々なお話を聞くことができます。 準備金もでますし、資金は教室の備品や多少の広告費などでよいので、まずは説明会に参加してはいかがでしょうか?

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子供たちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子供の育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子供達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ